海外不動産購入の5つのポイント

  1. トップページ >
  2. 海外不動産購入の5つのポイント

海外不動産購入の5つのポイント

1. 経済成長
戦後1955年頃から日本が高度経済成長し、共に主要都市の不動産価格も上昇しました。一般的に経済成長率と不動産価格は比例すると言われており、安定した経済成長が見込める国の不動産は価格も安定的に上昇します。
2. 人口ボーナス期

不動産需要を支える人口が増加すると、不動産価格も上昇します。移民政策を採用し、子育て支援や教育に積極的な国、または国の特性により、人口が安定し増加します。人口増加時期(人口ボーナス期)が長い国は経済成長の安定に繋がり賃貸需要や中古物件市場にも深い関わりがあります。

3. インフラ整備
発展途上の国のインフラ整備。空港・道路等といった交通インフラのほか、上下水道・電気などの生活インフラの整備は、生活圏・移住圏の拡大・質的向上をもたらし不動産需要を喚起し、時価の高騰に繋がっていきます。
4. コスト 治安について

海外不動産の購入・保有・売却までのコストのほか、キャピタルゲイン課税や相続税などの税制を理解する必要があります。日本より安全で法律が整備されている国はほとんどありません。日本と比べると発展途上国は治安が悪く、新しい法律が出来ることも少なくありません。その点、リスクを最小限にするため日々現地の情報収集を欠かしません。

5. 好立地の見極め
世界各国の立地が最重要です。首都や大都市で希少価値のある一等地に着目する場合周辺施設の調査し、立地環境の需要に合わせた間取り、広さタイプをおすすめしています。ランドバンキングの魅力がある未開発都市にいち早く着目する事で大きな利回りを体験することもできます。

香港・シンガポール・台湾・韓国・中国(沿海都市)では、不動産相場がかなり高騰しており、今から買うには一般的に難しく、ベトナム・カンボジアでは、外国人の不動産保有規制が厳しく法制度面の未整備という問題がありますが、フィリピン、インドネシアに関しては比較的廉価で、優良デベロッパーの手がける都心一等地の物件を買えるほか、国全体が外国人の不動産投資や移住を奨励していることが最大のメリットといえます。旧英米圏なので、法制度面も比較的整っており、物件資料や契約書は英語で書かれています。ただし海外では習慣、感覚の違いから事務能力的にもレスポンスが遅く書類不備が多いので確認作業が需要です。多くのトラブル、問題を解決してきた知識と経験を活かし、全面的にサポートいたします。

為替/時間

Peso/円 為替レート
フィリピン時間

Menu

海外不動産に関するお問い合わせはフリーダイヤル:03-6433-5500営業時間:10~19時(土日祝定休) 無料お問い合わせ
  • 会社概要
  • 国内における不動産サービス
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 動画セミナーフィリピン編
  • 海外高収益不動産を探せ!IFC投資コラムここだけの話
  • 投資に役立つ!勝つための投資セミナー
  • 優良デベロッパーご紹介
  • facebook
  • スタッフブログ
  • フィリピン不動産投資クラブ
  • フィリピンの邦人サポート企業和僑総研