取扱国紹介弊社が取り扱う海外不動産の各国をご紹介します

  1. トップページ >
  2. 取扱国

フィリピンフィリピン共和国 「Philippines」

フィリピン風景

インドネシアの「バリ」タイの「プーケット」など、アジアのリゾート地の中でもフィリピンは行きやすく航空の全便が発着する南国のリゾート気分を味わうのにどこの国よりも近い国なのです。スペインの植民地時代の歴史で生まれた多彩な文化。世界遺産もあり、観光地としての人気は年々高まっている。とても陽気で親日的、皆、楽しそうに生活を送っている人たちに癒しを感じる。

フィリピンの物件はこちらから

【基本情報】

■元首/ベニグノ・アキノ3世、第15代フィリピン共和国大統領。コラソン・アキノ元大統領と、ベニグノ・アキノ・ジュニア元上院議員の息子。

■首都/メトロマニラ。マカティ市、パサイ市、ケソン市などの都市の総称でマニラ市もこれに含まれます。

■面積/約29万9404km「日本の約8割」 7107の島々で構成されている事からPhilippinesとsがつく国名に。約5000の島は無人島。首都マニラがあるのはルソン島。フィリピンは大きくルソン、ビサヤ、ミンダナオの3地域に分けられます。

■人口/約9773万人「2011年推計」首都マニラは約10%の人口が定住。

■言語/公用語はフィリピン語(タガログ語)英語は共通語でほぼ全域で通じ、英語を話す人口はアメリカ、イギリスに次ぐ第3位。

■時差/日本との時差は1時間。

■通貨/「フィリピン・ペソ」 1ペソ~1000ペソまでの紙幣。

■空港/マニラ空港「ニノイ・アキノ国際空港」第1ターミナル、第2ターミナル、第3ターミナル、国内線ターミナルの4つ。セブ島には「マクタン国際空港」セブ島と隣接するマクタン島(橋で繋がっている)

マレーシアマレーシア 「Malaysia」

マレーシア風景

2006年以降ロングステイ希望滞在国全世界第1位に選ばれています。外国人が土地も含めて所有権を登記できる国。政府がMM2H(マレーシア・マイ・セカンド・ホーム)を推進していて外国人投資家を呼ぶ事に熱心。最長10年間滞在が可能。

マレーシアの物件はこちらから

【基本情報】

■元首/ナジブ・ラザクは代6代首相。前政権では2004年1月7日より副首相を務め2009年4月3日にアブドラ・バダウィより政権を引き継いだ。ナジブは統一マレー国民組織(UMNO)の党員で現総裁でもある。父親は第2代首相アブドゥル・ラザク。

■首都/クアラルンプール(英語:Kuala Lumpur)は、マレーシアの首都で、東南アジア有数の世界都市。 マレー半島南部の丘陵地帯にある。一般的にKLと略して称される。

■面積/32万9800㎡

■人口/約2885万人(2011年推計)

■言語/英語、中国語も話す人もいるが、基本はマレー語。

■時差/日本とマレーシアの時差は-1時間。日本の時間からマレーシアの時間を調べるには、日本時間を1時間戻せばよい。例えばマレーシアが12:00なら日本は11:00となる。

■通貨/リンギット 1リンギット約30円 (2013年1月)

■空港/クアラルンプール国際空港
ジョホールバルにはスルタン・イスマイル空港「スナイ国際空港」

タイタイ大国 「Thailand」

タイ風景

タイは日本人が住みやすい国。大都会バンコクを始め、パタヤやプーケットなどのビーチリゾート、文化価値の高い遺跡や国内全土に3万箇所を超える寺院の数々。不動産価格がまだ安く、税金も安い、特に相続税、固定資産税がかからない。気さくで陽気なタイの人々がいて魅力的な国です。

タイの物件はこちらから

【基本情報】

■元首/インラック・シナワトラ 、タイ王国の政治家。第36代首相(現職)。タイ史上初の女性の首相でもある。日本ではインラック・チナワットまたはインラック・シナワットと呼称・表記されることもある。

■首都/バンコク (首都バンコクの人口は約800万人)

■面積/51万3115k㎡ (日本の約1,4倍でフランスとほぼ同じ大きさ)

■人口/約6544万人(2010年推計)

■言語/タイの共用語はタイ語です。

■時差/日本とタイの時差は2時間。日本の時間からマレーシアの時間を調べるには、日本時間を2時間進めればよい。例えばタイが12:00なら日本は10:00となる。

■通貨/バーツ (3,15円)2013年2月

■空港/新空港はバンコク中心部から東へ約30キロに位置します。敷地面積は成田空港の約3倍の広さを誇ります。24時間空港チャックインカウンター360ヵ所、190ヵ所を超える出入国管理ブース、次世代を感じさせる空港です。

インドネシアインドネシア共和国 「Republik Indonesia」

インドネシア風景

5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える国。東南アジア諸国連合(ASEAN)の盟主とされ、アセアン本部もインドネシアの首都ジャカルタにあります。成長率も高く、『人口・消費』と『資源』という2つの翼があり、都市化のスピードも速く不動産需要が常に高い国です。

インドネシアの物件はこちらから

【基本情報】

■元首/スシロ・バンバン・ユドヨノは、インドネシアの政治家、軍人(退役陸軍大将)である。2004年10月20日から大統領。

■首都/ジャカルタ、人口は950万人を超えており、2011年の近郊を含む都市圏人口は2,224万人であり、世界第4位。

■面積/1,919,440km2

■人口/2004年の人口は2億3,845万人で世界第4位。2050年の推計人口は約3億人。

■言語/公用語はインドネシア語であり、インドネシアの国語となっている。

■時差/日本とインドネシアの首都ジャカルタとの時差は-2時間。日本が午前2時になるとジャカルタは同じ日付の0時となる。

■通貨/インドネシア・ルピア

■空港/スカルノハッタ国際空港(ジャカルタ国際空港)旅客数約3714万人(2009年)を筆頭に、各島々に空港があります。

シンガポールシンガポール共和国 「Republic of Singapore」

シンガポール風景

シンガポールはマレー半島の南端にあるシンガポール島とその周辺の大小63の島々から成りたち面積は東京23区とほとんど同じくらいの、とても小さな国です。外貨の持ち込みは無制限。観光目的の入国の場合、3ヶ月以内の滞在であればビザは必要ありません。金融立国としても知られ、治安もよく住みやす国と言えます。

【基本情報】

■元首/トニー・タン・ケン・ヤム大統領(2011年9月就任)

■首都/シンガポール

■面積/707.1km2(東京23区とほぼ同じ大きさ)

■人口/約4,737,000人

■言語/英語、マレー語、標準中国語(北京語)、タミル語

■時差/-1時間。シンガポールが正午のとき、日本は午後1時

■通貨/シンガポールドル

■空港/シンガポール・チャンギ国際空港シンガポール島東部にあり日本からの直行便も就航。東南アジア有数のハブ空港として多くの航空便が乗り入れており、国営航空会社のシンガポール航空やジェットスター・アジア航空の本拠地でもある。

ミャンマーミャンマー連邦共和国 「Myanma Naingngan」

ミャンマー風景

今現在のミャンマーは、30年前の中国、20年前のベトナムと同じ状況で、これから『改革開放』・『ドイモイ』をしようとしています。 日本の70、80年代同様、ミャンマー不動産投資の魅力は、賃料収入などのインカムゲイン、 及び不動産自体の資産価値の上昇によるキャピタルゲイン、両方取れるのが魅力的です。

【基本情報】

■元首/テイン・セイン大統領、他の軍高官とは違い、利権や汚職などのスキャンダルに見舞われず、国民にはクリーンなイメージを持たれているとされる。

■首都/ネピドー、旧首都ヤンゴンに代わり建設された。

■面積/676,578km2

■人口/50,020,000人

■言語/ビルマ語

■時差/時差は、2時間30分。日本の方が、2時間30分進んでいます。

■通貨/通貨は、ミャンマー チャット (MMK)、1 ミャンマー チャット = 0.1079 円、1米ドル = 865.97 ミャンマー チャット です。

■空港/ミャンマーの主な空の玄関口はヤンゴン国際空港 (RGN) とマンダレー国際空港 (MDL) です。

為替/時間

Peso/円 為替レート
フィリピン時間

Menu

海外不動産に関するお問い合わせはフリーダイヤル:03-6433-5500営業時間:10~19時(土日祝定休) 無料お問い合わせ
  • 会社概要
  • 国内における不動産サービス
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 動画セミナーフィリピン編
  • 海外高収益不動産を探せ!IFC投資コラムここだけの話
  • 投資に役立つ!勝つための投資セミナー
  • 優良デベロッパーご紹介
  • facebook
  • スタッフブログ
  • フィリピン不動産投資クラブ
  • フィリピンの邦人サポート企業和僑総研