会社概要

  1. トップページ >
  2. アジア各国の権利比較(ビザ・住宅ローン)

成長著しいアジア各国ですが、当然のように住宅に関する法の整備は日本とは異なりますし、各国様々です。
ここでは、マレーシア・タイ・シンガポール・インドネシア・フィリピン・ミャンマーといった、今最も注目されている国を例にとって各種権利の取得条件などを比較していきます。

国名 マレーシア タイ シンガポール インドネシア フィリピン ミャンマー
土地の購入
(一軒家)
不可 不可 不可 不可 不可
区分所有
(コンドミニアム)
不可
住宅ローン 不可 不可 不可
永住ビザ 就労ビザ可 不可
リタイアメントビザ 不可 不可
物件の価格帯 約1500万円~ 約400万円~ 約2000万円~ 約400万円~ 約400万円~ 不可

住宅ローンについての各国の比較

住宅ローンは、各国によって制度が違います。私たちの住む日本でも、外国人の方々売る際にも制約はあります。 何年日本にいるのか?日本で働いているのか?永住権があるか?等様々です。逆にこれらの条件をクリアする事でその国の物件を購入することができます。下記は国別の条件と内容の詳細です。

国名 ローンの有無 金利 内容 条件
タイ ・1年固定利率=2,95%
・2年固定利率=4,00%
・3年固定利率=4,75%
最長期間50年 
タイプ1 月々固定金額返済の固定利率 
タイプ2 年1回3か月分をまとめて元金支払に回すだけで、その3か月については固定金利0%の返済になります。毎年の金利平均はタイプ1と同率です。
コンドミニアムを購入する際外資証明が必要です。したがって国内のローンでのコンドミニアムは購入できません。法人名で登録する場合も設立後5年以上たっており、連続して黒字である必要がある。
フィリピン 日本における長期プライムレート+5%。固定期間は1ヵ年とし、その後1年毎に金利の変動によって見直すことといたします。 最長7年間の元利均等払い
借利入れ限度比率70%まで。同時に担保評価額の70%を上限とします。
有効なパスポート、在留資格、終了契約をもっておられる在日フィリピンの人達。日本、その他外国人の人達。
マレーシア 約4%台で推移 住宅ローンはマレーシアの現地通貨リンギットで融資が行なわれます。したがって、住宅ローンの返済もリンギットで行なう必要があります。
ローン返済の都度、日本円からリンギットに交換すると、為替リスクを受けることになります。もし円安になった場合には、日本円での返済額が増える計算になります。
シンガポール 現在 1~ 1.5% 最長45年のローンであり。年齢35歳以上で80歳までの返済である。80歳で返済する際は、現在あるローンを一括で返すことになります。 最長45年のローンであり。年齢35歳以上で81歳までの返済である。

※現在インドネシアは外人向けの住宅ローン制度がありません
※ミャンマーに関しては、現在政府が法整備を進めており近々整う予定です。整い次第、お知らせ致します。

永住、リタイヤメントビザの詳細表

永住権とは、その国で長い間住むことができる権利です。リタイアメントビザは、日本で働いてた方々が退職した後に得れる権利とビザの種類です。下記は永住権・リタイヤメントビザの詳細を国別で記したものです。

国名 名称 ビザの期限 年齢制限 主な条件
フィリピン 退職者
特別居住ビザ
無制限
永住権
満35歳
以上
フィリピン政府指定銀行への預金額
・35~49歳:2万または5万USドル 
・50歳以上:2万USドル年金受給枠:1万USドル
タイ ロングステイ
ビザ
1年間 満50歳
以上
・預金残高80万バーツ(約2万5千USドル
・年金による月収6万5千バーツ(約2千USドル)以上または年収80万バーツ(約2万5千USドル)以上
マレーシア マイ・セカンド・ホーム 10年間 なし ・50歳未満:50万リンギ(約10万USドル)以上の流動資産及び1ヶ月1万リンギ(3千USドル)以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠
・50歳以上:35万リンギ以上の流動資産及び1ヶ月1万リンギ(約3千USドル)以上の国外での収入があることを証明する財務的証拠
インドネシア KITASビザ 1年間 55歳
以上
・年金受給証明書(1500USドル以上/月)か同額以上の収入もしくは利子を証明する公的証書。
・バリ島内指定区域に、3万5千USドルの不動産物件を購入するか、月500USドル以上の物件を賃貸すること。
シンガポール Permanent Residency 無期限
永住権
特になし ・最低シンガポールドル250万で新規事業を立ち上げるか、拡大に投資出来る。
最低シンガポールドル250万を政府承認のシンガポールにベースを置く、ベンチャーキャピタルファンドに投資できる。
・出国、再入国の際にはRe-Entry-permitの取得が必須である。

為替/時間

Peso/円 為替レート
フィリピン時間

Menu

海外不動産に関するお問い合わせはフリーダイヤル:03-6433-5500営業時間:10~19時(土日祝定休) 無料お問い合わせ
  • 会社概要
  • 国内における不動産サービス
  • ご利用規約
  • プライバシーポリシー
  • 動画セミナーフィリピン編
  • 海外高収益不動産を探せ!IFC投資コラムここだけの話
  • 投資に役立つ!勝つための投資セミナー
  • 優良デベロッパーご紹介
  • facebook
  • スタッフブログ
  • フィリピン不動産投資クラブ
  • フィリピンの邦人サポート企業和僑総研